銀行審査落ちる

銀行の審査に落ちる時にオススメのカードローン特集

銀行の審査に落ちる人の共通点

銀行の審査に落ちる

個人でお金を借りる場合、“銀行カードローン”に申し込むのが一般的です。せっかくカードローンに申し込むのですから、審査落ちることは避けたいですよね。銀行のカードローン審査に落ちる人にいくつか共通点があります。

 

借入件数はどれくらいですか?

現在の借入件数が多いほど、審査に落ちやすい傾向にあります。
具体的にどのカード会社が「何件までOK」「何件からNG」という許容件数の基準は非公開となっています。
なので、申し込んだ所の審査に落ちてしまっても、他のカードローンに申し込んだら通る可能性があります。

 

書類に不備はありませんか?

電話番号に不備がある=連絡が取れない状態になり、本人確認が出来なくなります。
そうなると、「本人確認が出来ない」ばかりか、「個人情報に嘘の記載をした」と判断され審査に落ちてしまいます。書類不備ほど惜しいことは無いので、電話番号の記載には特に注意しましょう!

 

過去に延滞や事故はありませんか?

カードローンの審査では、過去の延滞・事故もチェックされます。具体的には、

 

  • 自己破産
  • 過払い金返還要求
  • ローン延滞経歴

 

こういった経歴があると審査に通過しにくくなります。
ついつい忘れがちな公共料金、携帯電話の支払いも対象になることもあるので注意が必要ですね。

 

勤続年数は短すぎませんか?

会社員の場合は最低でも1年以上の勤続年数が必要です。
勤続年数が長ければ、それだけ継続した収入が入ってくることになり、一般的に審査が通りやすくなります。

 

短期間に複数のカードローンに申し込んでいませんか?

短期間にいくつものカードローンに申し込む行為は危険です。

 

「よほどお金に困っている」
「お金を貸しても回収は不可能なのでは?」
「短期間のうちに何社も断られ続けている」と判断されるからです。

 

一社に断られたからといって、慌てて何件も申し込むのは止めましょう。

 

当たり前のことをしていれば審査には落ちない!

カードローンの審査では、「期日を守ること」や「書類不備に気をつける」といった注意点があります。
カードローンの審査で重要なのは信頼を得ることです。
あなたがもしお金を貸す側の立場にたって考えれば、至極当たり前のことが出来ない人物は信用できないと感じるはずです。
このごく当然のことをしっかりと肝に銘じておけば、さほどカードローンの審査は厳しいものではありません。
当サイトでおすすめしているプロミスのカードローンに必要な条件は以下のたった1点だけです。

プロミスの利用条件

・年齢20〜69歳のご本人に安定した収入のある方

 

【最短即日30日間無利息サービス】SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
サンプル

最速で借入が出来るので急ぎでも安心!!
来店不要でご融資可能!
初回借入から30日間は金利が付かない(プロミスポイントサービスの申込必須)
ATM手数料無料、無利息サービスあり♪
近くの銀行、コンビニなどでも利用可能★

実質年率

最高限度額

入会金・年会費

4.5%〜17.8%

300万円まで

永久無料

 

人によって事情は色々ですが、誰しもお金が必要な時は必ずあります。
カードローンはそんな時に安心して頼れる存在、心強い味方です。
どうにもならないと嘆く前に、自分の可能性を探すことからはじめてみませんか?


ホーム RSS購読